台湾と中国を別表記でホロライブ炎上

2020年9月27日、ホロライブを運営するカバー株式会社は、所属するタレントの「赤井はあと」と「桐生ココ」が配信で不適切な発言があったとして謝罪しました。

赤井はあとは24日、桐生ココは25日に自身の配信内で自分のYouTubeチャンネルのアナリティクスを参照し、視聴者の多い国を読み上げたところ、中国と台湾が別表記されており、中国は台湾は中国の一部なのに別にしていると炎上しました。

日本向けには「両名とも自身のYouTubeチャンネルの配信上にて、機密情報である自身のYouTubeチャンネルの統計データの開示および2次利用を実施していたこと、およびその内容について、一部地域に在住の方に対する配慮に欠けた発言があったことを確認いたしました」として、二名に対して三週間の謹慎処分を渡しました。
一方中国向けには「カバーは常に中国の主権と領土の完全性を尊重し、『日中共同宣言』と『日中平和友好条約』を尊重し、『一つの中国』という考えを支持します」として謝罪しており、台湾は中国の一部ですと認めるような表明を出している。
この表記は日本向けの表明には記載されてはいない。

日本のファンからは、「YouTubeから台湾と出されたから台湾と言っただけでしょ」や「そもそも桐生ココも赤井はあともYoutubeのアナリティクスの画面映しただけだ」と擁護する声が多く、謹慎処分を下した会社を批判する声が多い。
中国のファンからは、「引退しろ」や「ツイッターでも謝罪してください」といった二人に対する批判の声が多い。

この件は台湾のニュースで報道された。

タイトルとURLをコピーしました